さいたま市立馬宮西小学校 本文へジャンプ
地域との交流
交流活動 の様子  30年度   交流活動 の様子  令和元年度
地域の歴史  馬宮の昔コーナー  
本校は、明治8年(1875年)3月、植田谷本村新田に、「興文学校」として創立され、
令和元年度、開校144周年目を迎えます。

地域の方によると、
  1. 「興」とは、
    • おもしろく楽しいこと、
    • 中国古代の詩経の六義(りくぎ)の一つ。儒家によれば、草木鳥獣などに託して、それとなく、人間社会にたとえたもの。
  2. 「文を興す」
    • 地元の先覚者たちが教育に抱いた大きな理想から受け継がれたもの。
だそうです。

本校の「総合的な学習の時間」を「興文」と名付け、
  • 3年生「わたしたちを見守る荒川:17時間」
  • 4年生「共に生きる〜人にやさしいまち〜:17時間」
  • 5年生「舘岩と馬宮の違いを知ろう:17時間」
  • 6年生「自分を見つめて<自己の生き方>:17時間」
について学習しています。

また、平成29年6月8日(木)、NHKにおいて、昼間さんの名前の由来「昼間の渡し」について、放映されました。